おひさ〜。

3ヶ月ぶりにロッドを振ってきた。
そこにたたずむだけでも良いですよね〜。

f0196054_205745100.jpg

[PR]

# by fish_goron | 2010-10-01 20:57  

うまい干物を食いたい

サッカーのワールドカップが始まってからというものすっかり夜型になってしまい釣りには行けていません。
今回はワールドカップが始まる前までの備忘録なのだ。

●2010年6月2日(水)

朝まずめ。磯。シーバス2尾。
納竿し別のポイントへ行ってみるとNOBIさんがでっかいマダイを手に下げて車に戻る途中。
「やってしまいました〜。とうれしそう」
70cm4Kgといったところか。
f0196054_20473819.jpg

f0196054_2051061.jpg


●2010年6月4日(金)

あける前。18gのレッドヘッドのジグを投げると3投目でヒット。
この日はこの一尾で終了。
f0196054_20524340.jpg


●2010年6月7日(月)

朝まずめ。久しぶりに1人の磯。サバを7尾ほど釣り上げ納竿。さばこうと磯のスリットに行くとカタクチイワシがぴちぴちと打ち上げられていた。100尾以上の片口を手づかみでゲットしクーラーへ。今アンチョビになるべく冷蔵庫で保管中。
f0196054_20561831.jpg


●2010年6月9日(水)

北風つよし。波をかぶりながら朝まずめ。釣友が小一時間ほどで納竿した後、うねりの中からシーバスがヒット。ストリンガーもナイフも忘れてきていたためにリリースして納竿。
f0196054_20583185.jpg


●2010年6月11日(金)

朝まずめ。サバ一本。
うまいうまいと食っていたサバの鮨。アニサキスに出会ってしまった。なのでうま〜い「干物」にチャレンジ。塩加減と天日干しの時間加減。この奥義にチャレンジしようと決意。しかし、ワールドカップが始まってしまい釣りから遠ざかってしまった。(笑
f0196054_2114191.jpg

[PR]

# by fish_goron | 2010-07-02 21:01  

サバ鮨にうなる

●2010年05月26日(水)

一昨日の夕まずめに気をよくし、さばだばさばだば〜(11PM風<ふるっ)と釣行。

遠投しフォールでカウントしていると喰ってくることが多い。
その様なときは、トリプルフックが下あごにかかり、アシストフックが口にかかる。
f0196054_1855288.jpg


イワシをはき出した。やはり後ろからイワシを食っているようだ。
f0196054_18565313.jpg


サバ×8+シーバス×1
f0196054_18575835.jpg



●2010年05月27日(木)

足が速いサバ。そう長くはいないだろうと釣行。
サバ×5+シーバス×1
f0196054_1905930.jpg



●2010年05月28日(金)

サバはまだいるか?と釣行。(笑
サバ×1+シーバス×1
貴重なサバを押しずしにしてみた。

それにしても、このデザインは面白い。
鳥が上から海を見下ろしたときに海藻に見えるようにしたのか。
このサバの模様は地域によって異なるらしい。
この地域のはまるでキースへリングのイラストみたいだ。
f0196054_1953788.jpg


釣り場でわたぬき&氷漬け(アニサキス対策)
塩漬け 1時間
三杯酢(酢300cc+みりん100cc+砂糖小さじ5)に30分
シメサバの水気をとる
酢飯をつくり、巻く
f0196054_1991266.jpg


白昆布が手に入らないのでとろろ昆布を一緒に巻いたもの
そのまま巻いたもの
巻いて小一時間ほどなじませて食べる
これがなんともいえなくうまい
もう一度サバを釣りたい(いやサバ鮨が食いたい)…
もういないだろうなあ。。足が速いからなあ
f0196054_19115593.jpg

[PR]

# by fish_goron | 2010-06-02 19:12  

大サバにやっと遭遇

潮が効き始める地合いをねらって釣行。
現場に着くとローカル長靴姿のおぢさんたちが二人ひっきりなしに竿を曲げていた。
どうやら大サバの模様。
とにかく竿を振りかざして投げて巻き始めると竿が曲がっていた。
はやる気持ちを抑え、タックルをセットしルアーイン!
一発目でバイト。
しかし、ヌン!というショートバイトで終わり。
その後、久しぶりにバイト→ばらしorキャッチの繰り返しを堪能。

それにしても、2年越しの恋が実る。
浦賀水道で鍛えられた大サバはとにかくうまいと聞いていた。
その大サバにやっとのことで遭遇した。
大サバ5本、シーバス3本のおもしろい釣り。
3投に一度はバイトしてきた。2時間ほどで納竿。
サバは現場でエラ・わた・頭を取り去り氷漬け。
シーバスは蘇生を確認しリリース。
とっとと帰って、サバを調理した。

5本のサバを3枚におろして肉の色が違うのに気付く。
5本のうち2本はピンク色。ほかは赤身。
おそらくうまみは違うだろう。
そういえば現場で絞めたとき3:2の割合で雄と雌だった。
どっちの肉がどっちかはわからない。

3枚におろしたサバを塩漬けし冷蔵庫で15分。
塩を水で洗いよく水気を拭き取る。
酢300cc+みりん100cc+砂糖小さじ5に冷蔵庫で30分。
ほとんど刺身状態で仕上げる。
アニサキスがいないかを目視で確認。
中骨を取り去り、皮をむき最終仕上げ。
さすがにうまい。
ピンクの肉は脂がのっているも歯ごたえがあり、これが聞いてきた松輪サバかとうなる。
赤身の方も歯ごたえ甘みも申し分ない。
シメサバとは全く違う、うまい刺身を堪能。
本日は半身ピンク1枚&赤身1枚で満腹!
f0196054_2254427.jpg



22バイト、5ばらし、8キャッチ。(ばらしはすべてシーバス)
サバキープ5本(50cm前後)。
シーバスリリース3本(65cm〜50cm)。
前回の大潮廻りは2キャッチのみだった。
今日は若潮ながら、たまにこういうことがあるから止められない。
f0196054_22561241.jpg

[PR]

# by fish_goron | 2010-05-24 22:56  

シーバスKFC風

前回の大潮回り。かなりバイトしてきた。
その後はパッとせず3回ほどボーズ。

ところで、シーバスのフライがかなり美味しかったのでケンタッキーフライドチキン風にチャレンジ。
丸鳥が手にはいるとよくKFC風に揚げて食べていた。
レシピは、Alternative Gourmet 〜 おるとグルメさんのサイトから拝借している。
このサイトの「あるじ」はかなり研究していて私が一番気に入っているレシピだ。

作り方はそのサイトから拝借。
まず、●「漬け液」に2時間ほど漬け込む。漬けた後、鳥(あるいはシーバス)を▲「つなぎ液」に投入し、■「ころも」をまぶし揚げる。
揚げ方は、鳥の場合「1分30秒揚げる(片面45秒ずつ)→網に上げて2〜3分ほど放置(肉どうしをくっつけて余熱で火を通す)」を3〜4回繰り返す。
これをアレンジしてシーバスの場合、「1分(片面30秒)→網に上げ1〜2分放置」を3セットやる。

●「漬け液」
・塩〜15〜20g
・水〜1カップ(180cc)
・黒コショウ(パウダー)少々
・ガーリックパウダー少々
・ジンジャーパウダー少々
・ナツメグ(またはメース)少々

▲「つなぎ液」
・コーンスターチ〜大さじ2
・溶かしバター〜15g
・卵(サイズ中)〜1個
・牛乳〜130cc

■「ころも」
・薄力粉〜1カップ
・強力粉〜大さじ3.5(必ず入れる!!!)
・塩〜小さじ1/2
・白コショウ(粉末)〜小さじ1/5
・ガーリックパウダー〜小さじ1
・ジンジャーパウダー〜小さじ1/5
・セージ(粉末)〜小さじ1/5(入れすぎ厳禁だが入れないとだめ。難!)
・ローズマリー(粉末)〜小さじ1/5
・タイム(粉末)〜小さじ1/5(入れすぎ厳禁だが入れないとだめ。難!)
・ナツメグ(粉末)〜小さじ1/3
・バジル(粉末)〜小さじ1/5
・オレガノ(粉末)〜小さじ1/5
・サボリー(粉末)〜小さじ1/3
・メース(粉末)〜小さじ1/3

f0196054_1759413.jpg

左上がチキン。右下がシーバス。
チキンはほとんどケンタッキーFC。うまい。
シーバスの方も同様にうまい!
が、しかし。シーバスのそれは少し味が濃く感じたのは正直なところ。
●「漬け液」につけないか、15分ほど漬けるだけでよいかもしれない。
次回はそれでやってみよう。
[PR]

# by fish_goron | 2010-05-09 18:04