愛媛遠征。チヌ1尾。

●2009.08.12(水) 6:00〜18:00  愛媛県宇和島市北灘

大雨によるチョコレート色の岡山河口付近をあきらめ宇和島まで遠征する。基本はかかり釣りだが、鯛ラバ、メタルジグ、ルアーロッドも持っていく。2008年正月以来の宇和島。久しぶりに魚の引きを楽しめるか。


一日目。ポイント黒ブイ。水深35M。
f0196054_17273638.jpg


朝一練り餌をひったくられる。チヌかと思う引き。ヘダイだった。30cm強と小さいが夏の魚は引きが強い。
f0196054_17275769.jpg


お昼を過ぎた頃から、クッと押さえこむような前あたりが出始める。タイミング良く合わせると30cm強のマダイ。夕まずめまでポツポツとマダイがヒット。このサイズでも30M以上の水深から引っ張り出すのには結構力がいる。本当に夏の魚は引きが強い。針が上あごにかかっているのも引きを強くしている。
f0196054_1735577.jpg


納竿時間直前。団子の着底場所からさし餌を移動するとコーンに前あたり。息を凝らし、微妙に本あたりが出たところで思いっきり右腕を天に。腕が途中で止まる。かなり糸を出されるも10lbラインを信じて力任せにポンピング。しばらくやりとりを楽しんで上がってきたのはチヌだった。35cm級だが胸板が厚く45cm級の引きだった。
f0196054_17412894.jpg



釣果
ヘダイ1枚、マダイ3枚、チヌ1枚、トラギス3匹、シロギス1匹
[PR]

by fish_goron | 2009-08-12 23:59  

<< 郷愁漂う遠征釣り 岡山帰省シーバス調査 >>